この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

ワカサギ一夜干しの下ごしらえ。大量のワカサギから内臓を取る

ワカサギの一夜干しを作ります。

ほんと、一度食べたら病みつきになりますね。

今回も石狩放水路から大量のワカサギを仕入れてきたので、早速した準備。

一夜干しのため塩漬け

正直、型も小さいし数は多いし、疲れました・・・写真の2倍の数を処理しました。

何よりテントの中で凝り固まったカラダでこの作業はキツイ。マッサージ受けたい。

内臓の取り方

母親から教えてもらったのはエラの付け根から肛門に向かって引きちぎる方法ですが、なかなかうまく行かないので、ネットで見つけた「下顎ごと肛門に向かって引きちぎる方法」を実践しています。

内臓カットオフ

こんな感じに取れます。

写真で説明できればいいのですが、苦手な方もいるでしょうし何より一人だと写真が撮れないという笑

コツは、下顎を掴むんじゃなくて、下顎の中にある歯のような物体を掴む、ということでしょうか。

ここを掴むと内臓系をある程度一気に引き出すことが出来ます。

ただ、胃と腸の間(らしき部分)が切れやすいので、腸は引っ張ってやるとキュッと抜けます。

内臓を取ったワカサギは長期保存ができるので、すぐに食べない場合はぜひ内臓を取りましょう。

スポンサーリンク
ワカサギ一夜干しの下ごしらえ。大量のワカサギから内臓を取る
この記事をお届けした
さっぽろワカサギいんふぉの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

更新情報をお届けします!