この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

ドッペルギャンガーのウルトラライトな折りたたみイス、マジで軽い…199gはダテじゃない

DOPPELGANGER フォールディング ジェラルミンフレーム ウルトラライトマイクロチェア。

名前長いよ!!

とツッコんでしまうドッペルギャンガーのウルトラライトなマイクロチェア、C1-54を買ったんですが、ちょっと衝撃受けまして。

アウトドア用品の中に「ウルトラライト」というカテゴリが存在します。

1グラムでも軽くすることに各社しのぎを削っていることからも、このウルトラライトというカテゴリが如何にニーズのあるものかがわかります。

そして僕もウルトラライトに魅せられ、このジャンルには目を光らせていたのですが、折りたたみ椅子には目を向けていなかったんですよね。

だって、普段使わないから笑

でも最近釣りを始めてから、折りたたみイスが欲しくなって探したところ、出会ったのがこのマイクロチェアだったのです。

DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア) フォールディング ジェラルミンフレーム ウルトラライトマイクロチェア C1-54

まだ実戦では使っていませんが、さっそくレポートです!

見た目以上にウルトラライト

持ってびっくり。

軽い!

軽すぎるよ!

ぱっと見、アルミで出来てるような感じで、軽そうだなーとは思ったのですが、想像以上に軽いです。

カタログ上はなんと重さ「199g」。

缶コーヒーより軽いのか・・・

そんな軽さなので、大きさも最小限です。

ドッペルギャンガーの折りたたみチェア

座面の高さはこのくらい。

座面も小さい

座面の広さはこのくらいです。

ちょっと腰を休める、といったくらいの使い方がよさそう・・・と思ったら。

見た目以上に頑丈!

このマイクロチェア、こんな小さくて、軽くて、折りたたみ。

その上、さらに足も2分割でコンパクトになるのです!

そんなんで本当にイスとして機能するのか不安になるのですが・・・

実際に座ってみるとぜんぜんガタつかない!しっかり座れる!

この堅牢さを誇るのは、フレームがジュラルミンでできているからです。

最初アルミかと思ったんですが、違いました。

しかも、耐荷重が150kg!

DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア) フォールディング ジェラルミンフレーム ウルトラライトマイクロチェア C1-54

ちょっと試す気にはなりません笑

そのくらい、見た目は頼りないんです。

さて、2分割になる足の部分ですが、こんな感じになっています。

足は組み立て式

この分割部分が、

テントのポールのような構造

こんな感じで分割されます。

テントのポールとかと同じ仕組ですね。

フレームの中に伸縮性の紐が入ってる、あの仕組みです。

超コンパクト!

この仕組のお陰でこんなふうに折りたたむことができます。

この状態だけ見たらなんなのかわからないですね笑

収納ケースが付いている!

嬉しいことに収納ケースも付いていました!

足を分割した状態だとプランプランしちゃうので、収納ケースは必須ですね。

ポーチ付き

綺麗に収納されます(当然)。

ポーチ

表面はドッペルギャンガーアウトドアのロゴ、裏面はメッシュになっています。

懸念する点は・・・

ひとつだけ心配な点があります。

それは「足の細さ」。

こんなに小さなイスなのでフレームの直径は約1センチ。

ジュラルミン製なので折れることは心配しませんが、土や雪の上で使うと「地面に刺さる」んじゃないかと懸念しています。

実際に雪の上で座ろうとすると結構厳しかったです。

地面に足を取られると不安定になってすわり心地悪いし、フレームに歪みが出てしまうかも知れません。

これは使う場所を考えれば解決できるので、商品に否はないです。

ワカサギ釣りの時はどうやって安定させようかなー・・・

スポンサーリンク
ドッペルギャンガーのウルトラライトな折りたたみイス、マジで軽い…199gはダテじゃない
この記事をお届けした
さっぽろワカサギいんふぉの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

更新情報をお届けします!