この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

【ロゴス ハードマイテーブル】コンパクトで堅牢、ワカサギ釣り用のテーブルはやっぱりこれ!

今日の札幌、ものすごい積雪でした。

朝からずっと降っている感じで、ホワイトクリスマスどころじゃないです。

ただ、これだけ雪が降るとちょっと嬉しくなってきます。

雪が降って、寒くなると川が凍って・・・

ワカサギ釣りシーズン開始!笑

今回はワカサギ釣りに向けて、おすすめのワカサギ釣り道具を紹介します。

いつも活躍する「ロゴス ハードマイテーブル」!

展開時

コンパクトに収納できて、堅牢なこのテーブル、実際のサイズや使用例も紹介しますね。

折りたたみ式のテーブル

このハードマイテーブルは、コンパクトテーブルによく見られる「組み立て式」ではなく「折りたたみ式」のテーブルです。

つまりリビングなどで使うような、テーブルの脚を折りたためるタイプのものですね。

折りたたんだ状態はこんな感じです。

収納時

折りたたみ式のメリットは、何と言っても堅牢性でしょうか。

組み立て式に見られる歪みなどはほとんどありません。

サイズ感もGOOD

このテーブルはなかなかコンパクトです。

ワカサギテントの中は狭いですから、大きすぎるのはNGです。

公式のサイズは、

サイズ:(約)幅39×奥行24×高さ17.5cm

となっており、実寸は

横幅

幅は39センチ

縦幅

奥行きは24センチ

高さ

高さは18.5センチくらいです。

ただし、天板のフチは反り返っていて、その高さは

トレイのフチの高さ

約1.4センチ。

なので地面から天板までの高さは約17.1センチと、ほぼ公式通りです。

このフチが反り返っているのがポイントで、テーブルに載せた小物が転がり落ちないというのがすごく便利です。

重量は、

総重量:(約)1.0kg

に対して

重量

966グラムと、こちらもほぼ公式通りです。

ちなみに天板の厚みは約1ミリ。

トレイの厚さ

素材は、

(フレーム)主素材アルミ
(天板)スチール

となっていて、頑丈な素材を使っています。

ちなみに天板の幅が広くなりフチも垂直になった「ハードマイテーブル・ワイド」という商品があるのですが、こちらは天板がアルミになります。

スチール天板であればこんな使い方も・・・

【釣り道具DIY】ワカサギ釣りのピンセットやハサミはツールスタンドへ収納!
【釣り道具DIY】ワカサギ釣りのピンセットやハサミはツールスタンドへ収納!
氷上ワカサギ釣りをする際にあると便利なのが小さなテーブルです。 氷の上に道具を置くとツルッと滑って、なぜだか穴に吸い込まれるように落ち...

使用例

さて、このテーブルを実際にワカサギ釣りで使う場合ですが、僕はこんな感じで使っています。

まだシーズン直前なので室内で失礼します。

使用例1

使用例2

これはヒーターを使うときの例ですね。

ユニフレームのヒーターを使っているのですが、およそ半分にヒーターを設置して、残り半分にはサシ入れ、カウンターなどの小物を置くようにしています。

ヒーターは雪上に載せるとガスが気化しづらいので、こういう高さがあり安定した場所に設置するのが良いですね。

また前述しましたがフチが反り返っているのが非常に便利で、このようにサシ入れをおいている場合、引っ掛けてテーブルから落とす心配はありません。

使用例2

こちらは食事のときの使用例です。

単純にガスコンロとカップ麺なのですが、こちらもガスコンロは安定した場所で使いたいので、ハードマイテーブルが活躍します。

使用例1

設置場所に工夫を

頑丈で安定したテーブルですが、使う際には設置する場所をならしておくか、雪上に足を差し込むようにするとより安定します。

設置場所が綺麗に整地されていなければ、せっかくのハードマイテーブルも安定しません。

頑丈なスチール天板のテーブルを探している方は、ぜひ候補の1つに加えてみてください。

スポンサーリンク
【ロゴス ハードマイテーブル】コンパクトで堅牢、ワカサギ釣り用のテーブルはやっぱりこれ!
この記事をお届けした
さっぽろワカサギいんふぉの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします!

更新情報をお届けします!